So-net無料ブログ作成

青木瑞希さんはなぜ泳いで対岸へ渡ろうとしたのか?

埼玉県寄居町桜沢の荒川で悲しい事故が発生しました。行田市の大学生、青木瑞希さん(21)が川に流され死亡が確認されました。川を渡って対岸に行こうとしていたようですが、なぜ対岸に渡ろうとしたのか調べてみました。


スポンサードリンク





事故の概要


7月30日午後4時35分ごろ、埼玉県寄居町桜沢の荒川で、青木瑞希さん(21)が川に流されたのに友人の女性(33)が気づきました。

その後、110番通報して、駆けつけた消防隊員が捜索したところ、水深約2メートルの川底に沈んだ青木さんを発見し、病院に搬送しましたが、残念ながら帰らぬ人となってしまいました。


スポンサードリンク





青木瑞希さんはなぜ泳いで対岸へ?


埼玉県警寄居署によると、青木さんは友人2人とバーベキューの下見に訪れ、川を渡って対岸に行こうとしていたようです。




ネットの声は・・・

・なんで、川を渡ろうと思ったのかな?誰も止めなかったのかな?変だな?
・仮に酔ってたとしても、そんな事するか普通?よく調べて欲しいな。
・何故、川を渡った?仮に対岸に良い場所があっても、実際にバーベキューやるときに道具持って行けないでしょ。
・バーベキューの下見ならお酒は飲まないと思うけど・・・何か変だよね。荒川のどこかはわからないけどなんで二人で渡らなかったのかが不思議。
・見ただけでは全く存在に気付けない危険な深みがあって、そこにハマってしまったのかもしれない。海にも川にもそういう危険な罠がある。気の毒な事故だ。

但し、なぜ川を渡る必要があったのか疑問視する声もあります。

・21と33の友人?なんで110番?色々ナゾ。
・川は流れが速いとこ多いから危険なんだけどな~何も考えてないのかな?見たらわかるのに・・・。
・何か裏がありそう。

推測するに、対岸にバーベキュー用地として良い場所があるのかを確認しに行ったというのが一番筋が通っていると思います。
下見ということで、あまり下準備をせずに来てしまっていたのかもしれません。また、仮に服などを身につけていたとすれば、水着で泳ぐのとは勝手が違っていたかもしれません。
川には急流になっているところや、急に深くなっているところがありますから、そこで足を取られてしまったとも考えられます。
謎も残る事件ですが、警察にはしっかりと調査をお願いしたいと思います。

まとめ


毎年この時期になると水難事故のニュースが流れてきます。水で遊ぶときには以下の基本ルールをしっかり守って遊びましょう。
1.遊泳禁止場所や危険な場所では遊泳しない。
2.保護者は子どもから目を離さない。
3.水辺では小さい子どもだけでは遊ばない。
4.飲酒して遊泳をしない。
5.遊泳、ボート遊び等により河川に入る場合、救命胴衣(ライフジャケット)を着用する。
6.増水時は入水しない。
7.体調不良時は遊泳、水遊びをしない。

青木瑞希さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク





話題記事

相原麻美 与沢翼と彼女が結婚!!インスタ画像が過激 でヤバイ!?

五十川敦子(高知東生愛人)の写真判明!!男性アイドルグループや大物お笑い芸人とも交際か!?【画像】

中野優理香、JAXAでISSの日本実験棟「きぼう」を支える美人若手管制統括官!!その仕事や出身大学は?

ドローン空撮・世界一周新婚旅行の画像が息を飲む美しさ!!英BBCでも話題

山本圭壱(極楽とんぼ)の事件の真相とは!?


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。