So-net無料ブログ作成
検索選択

映画デットプール6.1公開の内容が過激すぎてヤバイ!! GACKTもツボにはまる!!

『デッドプール』は「X-MENシリーズ」のスピンオフ映画になります。
また、主役のデッドプールは一般的なアメコミヒーローとは異なり、いわゆるアンチヒーローと言われています。
公開された予告編が既に過激であると評判。なんと中国では上映禁止に指定されてしまっています。GACKTもツボにはまったと言っています。日本公開は2016年6月1日より東京・TOHOシネマズ日劇ほか全国で公開とのこと。どんな映画か調査してみました。


スポンサードリンク







デッドプールとはどんな映画


デッドプールは、『X-MEN』シリーズに傭兵の一人として登場します。その正体はウェイド・ウィルソンという男。癌を治療するために、「ヒーリング・ファクター」と呼ばれる物質を体内に入れたことで回復能力と不死を手に入れました。
マーベル・ヒーローの中では異色の存在で、ヒーローにも悪役にもなります。
映画の大筋はコミックとほぼ同じで、ヒーリング・ファクターの実験によりデッドプールになったウェイドが、自身を実験台にして人生を滅茶苦茶にした研究者たちに復讐を果たすことを決意することから物語が始まっていきます。


スポンサードリンク





キャストは?


主役のデッドプール役にはカナダ出身の俳優、ライアン・レイノルズが演じています。
彼は『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』でもデッドプールを演じており、他にも『グリーン・ランタン』などアメコミ映画にも出演しています。
また、ハリウッド女優、ブレイク・ライブリーとの結婚しています。

ウェイドと恋に落ちるヴァネッサ役は、モリーナ・バッカリン。TVドラマで活躍しており、最近では『HOMELAND』シリーズに出演しています。

まとめ


日本では知名度が低いデッドプールですが、アメリカでは一足先に公開され、驚異的に大ヒットを記録しています。
オープニング興行収入はなんと20世紀フォックス史上最高の1億3,243万4,639ドル!日本円にすると150億円超です。
万人向けの映画ではないかもしれませんが、これは期待出来そうですね!!


スポンサードリンク




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。